大きな一軒家

チェーン宅建とオーナー宅建について

お洒落な家

過去に不動産回りの法人営業をしていた者ですが、お部屋探しをする時チェーン宅建とオーナー宅建、どちらに行くのがいいのか…双方のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。まずチェーン宅建について考えていきましょう。チェーン宅建とは、いわゆる大手ですね。全国的、あるいは広い範囲で店舗を展開している不動産会社です。緑のところとか青いところとか…どこかしらで見たことがあるかと思います。チェーン宅建のメリットとデメリットは以下の通りです。
●メリット
・取り扱い物件が多い
・企業としての信頼がある
・アクセスが良い(ことが多い)
・アフターフォローが充実
●デメリット
・担当にアタリ、ハズレがある
・付帯サービスの勧誘が煩わしい
・仲介手数料の発生
次にオーナー宅建について考えましょう。オーナー宅建とは、チェーン宅建より規模の小さい会社のことです。地元でのみ運営していたり、家族だけで運営していたり。オーナー宅建のメリットとデメリットは以下の通りです。
●メリット
・地元の環境を熟知している
・管理物件なら仲介手数料なし
・掘り出し物件がある
●デメリット
・取り扱い物件が少ない
・アフターフォローが心配
・見つけにくい、入りにくい
…いかがでしたでしょうか。
双方のメリット、デメリットを踏まえたうえで、自分にぴったりのお部屋を見つけてくださいね。

CHOICES